VISAとMasterCardの違いとは?

dカード/dカードGOLDは
2つのカードブランドが選択できる

dカード/dカードGOLDはVISAとMasterCardという2つのカードブランドから選択することができます。2つのカードブランドの違いについて解説していきます。

スポンサーリンク

カードブランド(国際ブランド)に関する基礎知識

そもそもカードブランドとは?

カードブランド(国際ブランド)とは、クレジットカードで決済機能を提供する企業の事です。つまり「VISA」を選択した場合には「VISA」、「MasterCard」を選択した場合には「MasterCard」、それぞれの決済機能がある店舗で買物ができるという事ですね。

どちらが利用できる店舗(加盟店)が多いの?

世界一の加盟店数を誇るのが「VISA」、第二位が「MasterCard」だと言われています。第三位は「JCB」ですが、海外では上位2つのカードブランドよりも遥かに加盟店数は大きく劣ります。世界トップクラスの加盟店数を誇る「VISA」「MasterCard」どちらを選んでもカードが使えるお店が少ないという不満はほぼ無いと思います。

カード発行後にカードブランドの変更はできない

dカードは発行後にカードブランドの変更はできません。これはdカードに限ったことではなく他社カードも同様です。dカードの更新時、dカードGOLDへの切替時などもカードブランドの変更はできません。

dカード/dカードGOLDの国際ブランドの違いとは

違いは一つだけ
Apple Payのオンライン決済・アプリケーションはMasterCardのみ対応

現状では加盟店以外に違いは一つだけのようです。それは”Apple Payのオンライン決済・アプリケーションはMasterCardのみ対応している”ということ事です。勘違いしないでもらいたいのは「VISA」もApple Payは利用できますので安心してください。対応していないのはオンライン(ネット通販上でのApple Pay決済)とアプリケーション上でのApple Pay決済だけです。

MasterCardコンタクトレスはVISAでもアプリで利用可能

MasterCardコンタクトレスとは、世界的に利用されているMasterCardの非接触決済サービスのことです。ドコモでは海外の「MasterCardコンタクトレス加盟店」にてスマートフォンで決済できる「iD/NFC」という機能がついたスマホアプリを提供しています。dカードおよびdカードGOLDは、カード自体の国際ブランドはVISAであっても「iD/NFC」に対応しています。詳しくはこちら:海外で使うiD/NFC

どちらがおすすめなのか?

他社カードも含めて「VISA」を持っている方には「MasterCard」、「MasterCard」をもっている方には「VISA」をおすすめします。いずれか一方のカードブランドだけ対応している店舗もあるので、この2つのカードブランドを抑えておけば大抵のお店はクレジットカードで支払いができるからです。